妊娠・出産

出産準備は最低限これがあればOK!本当に使うものリスト

悩めるママ
はじめての出産で、何をそろえたらいいのかわからない…。
色んなところでもらう出産準備リストは用意するものが多すぎて…本当にそんなに使うの?

出産準備品として産前にそろえるべきものは、そんなに多くはありません。
衣食住に直結するものだけで大丈夫ですよ。
フミ

1児の母である筆者が、出産に最低限必要な準備品リストを作成しました。
購入したけれど使わなかったもの、必須ではないものの購入してよかったものもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事は「必要最低限のものだけ出産前にそろえて、残りは都度買い足していく」方針の方におすすめです。
逆に、最初にすべてそろえて万全の体制で臨みたい!という方にはおすすめしません。

出産後は、生活が一変します。
時間・精神・体力にゆとりがある、産前準備は大事です!
フミ

出産前に最低限準備した方がいいもの

退院後すぐ、または必ず使用するものをまとめた最低限出産前に準備するものリスト」です。
出産はいつ始まるかわかりませんので、予定日の1ヶ月前には準備を終えておくと安心です。

それぞれ解説していきますね!
フミ

チェックリスト

  • おむつ
  • おしりふき
  • ベビー服
  • 赤ちゃんの寝床
  • 赤ちゃん用爪切りバサミ
  • ベビーバス(代用可能)
  • ベビーソープ・保湿剤・ベビー綿棒
  • ガーゼ
  • チャイルドシート・抱っこ紐

おむつ


新生児用を1パック
用意しておきましょう。

肌に合わなかったり、すぐにサイズアウトしてしまったりする可能性もあるので、最初は少量の購入で十分です。
産院で使用するおむつのメーカーを確認してそろえてもいいですし、とりあえずお安いものでも問題ありません。

お肌との相性が気になる方は、入院中に各種サンプルを試してから購入するといいですよ!
フミ

赤ちゃんの体重によっては、新生児サイズが大きすぎることがあります。
その場合は、「小さめ新生児サイズ」をチェックしてみてくださいね。

息子は約2,200gだったため、新生児サイズでは大きすぎて、足とおむつの隙間からおしっこされたことが…!
小さめサイズがあることを、退院後に知りました。
フミ

おしりふき

おしりふきは退院後大量に使いますので、まとめ買いしておいても大丈夫です。
ただし、メーカーによって使い心地も異なるので、最初は少量でもいいかもしれません。

色々と使ってみましたが、最高だったのは赤ちゃん本舗のおしりふきでした。
適度な厚さで、水分量も申し分なし!
フミ

といいつつ、長く愛用しているのはグーンのおしりふきです。
薄手ながら水分量が多く、コスパも優秀なので気兼ねなく使えます。

おしっこ防御策として、月齢が低い頃は1枚発射口に被せてオムツ替えをしていたため、使用量が多かったんですよね。
フミ

ベビー服

色々な種類があってわかりづらいベビー服ですが、下着とツナギタイプのお洋服があれば大丈夫です。
誕生月によって多少の違いはありますが、基本はこの組み合わせで回せます。

すぐにサイズアウトしてしまうため、60サイズから購入するといいでしょう。

最低限必要なベビー服

  • 短肌着     :2~3枚
  • コンビ肌着   :2~3枚
  • ツーウェイオール:3~4枚

短肌着


丈が短く、前開きで紐で結ぶタイプの肌着で、おむつ替えがしやすいのが特徴です。
赤ちゃんが動くとお腹が出てしまうため、秋冬生まれのお子さんは不要かもしれません。

コンビ肌着


股下のスナップボタンをとめられるので、赤ちゃんが多少動いてもお腹が出ません。
春夏生まれのお子さんなら、室内ではコンビ肌着1枚で過ごせます。
夏生まれの息子は、暑い日はコンビ肌着1枚で過ごしていました。
フミ

写真の肌着は、どちらもユニクロのものです。
ユニクロ製品は、乾燥機付き洗濯機でガンガン洗濯してもへたれずお手頃価格なので、産後大変お世話になっています。

ツーウェイオール


ツーウェイオールとは、その名の通り2WAYで使えるツナギタイプのお洋服。
足部分がズボンのように分かれているカバーオール、スカートになっているドレスオールのいいとこどりをしたものです。

赤ちゃんは意外と動くので、スカートタイプはすぐに使わなくなってしまいます。
しかし、おむつ替えが高頻度な新生児期はドレスオールが便利…というわけで、最初はどちらにもなるツーウェイオールが最強です。

新生児期はこのタイプで乗り切りました。
面倒なのでボタンはあんまりとめず…(ズボラ)
フミ

赤ちゃんの寝床

退院後、赤ちゃんを寝かせるための寝床の確保は必須です。
小さな赤ちゃんとの添い寝は、窒息や転落の危険性があります。
専用の寝具を用意しましょう。

ベビーベッドは大物ですし、赤ちゃんによっては寝てくれない子もいるので、不安な方は短期間レンタルしても!
フミ

我が家は2人目も使う想定で、アップリカの「ココネルエアー」を購入しました。
不要になったらたたんでコンパクトに収納できるので、2人目以降も想定されている方におススメです。

\コンパクトに収納できるベビーベッド/

また、日中寝室とリビングを行き来する場合は、リビングの居場所も用意しておくとスムーズです。

ココネルエアーは移動可能なベビーベッドですが、家が狭いので据え置きでした(笑)
フミ

我が家のリビングでは、洛中高岡屋の「せんべい座布団」が大活躍しました。
成長記録の背景としても優秀なので、退院後すぐにほしかったアイテムです!
フミ

\写真映えする丸い座布団/

赤ちゃん用爪切りバサミ

生後2日目。意外と爪が伸びているんです…

赤ちゃんの爪はとても小さく薄いので、専用の爪切りや、やすりをそろえておくと安心です。
大人用の爪切りでも大丈夫!という方以外は、事前に購入しておくことをおすすめします。

事前に購入していなかったため、入院中気になっても爪を切れず…。
意外と爪が伸びているので、退院後はすぐにお手入れが必要になりますよ。
フミ

大人用爪切りで流血沙汰を起こしてしまい、卒倒しそうになりました。
ぜひ、ぜひ専用のものを…!(筆者が不器用なだけ…?)
フミ

爪切り用のはさみは正直どれも大差ありませんが、電動の爪やすりはあると便利です。


はさみと違って赤ちゃんを傷つける心配がないので、はさみに不安がある方はチェックしてみてくださいね。

今も愛用している、コンビのネイルケアセット。
危険性がなくて最高です…!
フミ

ベビーバス(代用可能)

沐浴のためのベビーバスは、新生児期を過ぎてもサイズアウトしない限り使えます。
代用品でも構いませんので、用意しておきましょう。

安全性が高く、不要になったらコンパクトになり、捨てるときも楽なもの…という観点で、リッチェルの「ふかふかベビーバス」を選びました。

結局、3ヶ月以上はベビーバスを使用していました。
フミ

春夏生まれの赤ちゃんなら、ベビーバスの代わりにバスマットでも。
リッチェルの「ひんやりしないおふろマット」は軽くて水切れがよく、何より赤ちゃんを片手で支える必要がないので、非常に洗いやすくて重宝しました。

一時的にしか使わないし、もったいないな…という方は、衣装ケースで代用することもできますよ。

ベビーソープ・保湿剤・ベビー綿棒

ベビーソープや保湿剤、綿棒は、退院してはじめて家で沐浴をする日から使います。
肌に合わないこともあるので、まとめ買いせずに一つずつ試してみてくださいね。

ベビーソープは片手でシュッ!と出せる泡のポンプタイプが便利です。

新生児相手に石鹸を泡立てる余裕はない。(真顔)
フミ

ベビーソープは生協のもの、保湿剤はアトピタに落ち着きました。
保湿剤もポンプタイプだと楽です。
フミ

ベビー綿棒もサイズや太さが色々あるので、まずは1ケースから購入してみてくださいね。

ガーゼ

生後間もない赤ちゃんは吐き戻しが多く、少し経つとよだれも出てくるので、ガーゼは何枚でも使います。
赤ちゃんのお肌は薄く敏感なので、タオルではなくお肌に優しい綿100%のガーゼを用意してくださいね。

10枚以上あっても、一時洗濯が追いつかなくなったことが。
これだけは自信を持ってまとめ買いを推奨します!
フミ

チャイルドシート・抱っこ紐

新生児から使えるチャイルドシート


病院から車で帰宅する場合は、数分の距離であってもチャイルドシート(新生児対応)の着用が必須
です。
自宅まで安全に赤ちゃんを連れ帰るためにも、事前に準備しておきましょう。

抱っこ紐


徒歩や電車で帰宅する場合は、スリングや新生児対応の抱っこ紐を用意しておきましょう。
退院時に使わない場合も、事前に購入して説明書を読み込んでおくと、いざ使うときに慌てずに済みます。
出産が予定より早く、入院中に慌ててポチったのではじめての装着に手間取りました。
その後は1ヶ月健診まで使わないと思っていたら、経過観察のために1週間後に使うことに…。
フミ

\新生児から使える抱っこ紐/

出産後、退院までに準備すればいいもの

哺乳瓶・ミルク


母乳のみか、ミルクとの混合か、ミルクのみになるのかは、人それぞれです。
哺乳瓶とミルクが必要になるかどうかは、入院中に判断するといいでしょう。

ミルク育児がメインになりそうな場合、哺乳瓶は追加購入することをおすすめします。

哺乳瓶は4,5本用意しました。
小さいものはすぐ使えなくなり、ガラス瓶は重くて手がだるくなります。
ロングのプラスチックタイプ3本がスタメンでした。
フミ

ミルクメインの場合は1缶、あまり使う見込みがない場合は、固形タイプか液体ミルクを購入してもいいかもしれません。
最初は混合でも、最終的に母乳に移行できる方もいますよ。

ミルクメインの混合でしたが、最初はほぼミルクのみ。
とりあえず1缶購入しておいて、様子を見ながら買い足していきました。
(途中から大量にまとめ買いしましたが…その方がお安いので…)
フミ

紙パックにつけられる乳首も発売されたので、もしや哺乳瓶もいらない時代…?
特に、普段は完全母乳でたまにミルク!という方なら、紙パック+乳首で済んでしまうかも。
フミ

紙パック用乳首は、赤ちゃん本舗で先行発売されています。

アイクレオの液体ミルクは125ml。
個人差はありますが、2~3ヶ月頃には飲み切れる量になりますよ!
フミ

レンジ消毒できる哺乳瓶ケース

当面のミルク育児が確定した方は、レンジ消毒できる哺乳瓶ケースの購入をおすすめします。
煮沸やミルトンなどの消毒方法もありますが、レンジ消毒が圧倒的に楽です。


産後すぐは頻回授乳で寝る暇もないので、多くの方は1分1秒でも寝たいはず。

ミルク育児が確定したら、すぐにでもポチった方がいいグッズです。
(ただし液体ミルク+乳首オンリーユーザーを除く)
フミ

出産準備品に入れておくと便利なもの

おしりふきケース・フタ

100円ショップのもので十分ですが、おしりふき用のケースやフタがあると便利です。
新生児期は毎日10回以上おむつ替えを行うため、フラップが非常にわずらわしい存在と化します。

もはや必需品と言ってもいいかも。
フミ

自宅ではグーンのおしりふきケースを使用。
ロック機能があり、子どもが成長してもいたずら防止に役立っています。
フミ

ついつい見かけると買ってしまう病

外出用は、100円ショップのウェットシート用のフタ。
ワンプッシュで開くタイプは便利ですが、出先だとどこかに置いて使うことがないので、スリムな薄型タイプを使っています。
フミ

おむつ替えシート(代用可能)

使い捨てのものでも洗濯できるものでもいいので、おむつ替えシートは準備することをおすすめします。

使い捨てのおむつシートより安価な、ペットシーツで代用することも可能です。

何なら新聞紙でもいいかも…?ダメ?
フミ

おむつポット(代用可能)

新生児期はおむつゴミもあまり匂わないため、フタ付きのバケツなどで代用してもいいかもしれません。
専用の消臭袋やビニール袋に入れれば、普通のゴミ箱でも対応可能です。

産院ではフタ付きのバケツを使っていましたが、匂いは特に気になりませんでした。
フミ

我が家は息子が夏生まれだったこともあり、匂い対策に日本育児のおむつポットを購入しました。
色々な種類があるので、コスパも考えて選んでくださいね。

結果的に、匂い問題に悩まされることもなく、見た目もスタイリッシュなので満足しています。
フミ

電動鼻水吸引機「メルシーポット」


赤ちゃんのお鼻の粘膜はデリケートなので、気温の変化や少しのホコリに反応し、すぐに鼻づまりを起こしてしまいます。
そんなとき、素早く鼻水を吸引できるメルシーポットには、本当にお世話になりました。

鼻がつまると授乳に影響が出るため、早い段階で鼻吸い器が必要に。
手動は恐ろしい肺活量を要求されて挫けましたが、メルシーポットは楽々吸える神アイテムでした…!
フミ

\一家に一台ほしい/

出産準備品としてそろえたけど使わなかったもの

おくるみ

なんとなく使うかな?というイメージで購入したおくるみ、全くと言っていいほど使いませんでした。
退院時やお宮参りで使う場合を除いては、特に必要ないかもしれません。

産院にエレベーターがなく、階段を降りるのが怖すぎて抱っこ紐に。
お宮参りも袴ロンパースを着せたため不要になりました…。
フミ

沐浴布

沐浴中に赤ちゃんを安心させるために体にかける沐浴布は、ガーゼで十分でした。
お腹辺りに1枚ガーゼをかければ事足りますので、特に必要ないものと言えるでしょう。

わざわざ沐浴布という名の長いガーゼを購入する意味もあまりない…。
フミ

湯温計

沐浴の際に温度を確認するための温度計ですが、あまり出番がありませんでした。
お湯の温度が設定できるお家なら、必要ないのではないでしょうか。

手で触れて確認するようになり、すぐに使わなくなりました。
フミ

まとめ:出産準備は最低限にして、後から買い足そう

出産準備は、出産前の余裕のあるときにしておくことをおすすめします。
産後に慌てないように最低限のものはそろえておいて、すぐに使わないものは都度購入するスタイルが理想的です。

産後は本当にてんやわんやなので、準備できるものは早めに!
フミ

出産前に準備するものの判断基準

  • 産後に必ず使う
  • 赤ちゃんに左右されない
  • 具体的に使用用途がイメージできる

全て当てはまったら、出産準備に加えても大丈夫です。
用途がイメージできないものは結局使わないことが多いので、後で後悔しないようにしてくださいね。
筆者の場合はおくるみがそれ。
何に使うのかな…でもみんな買ってるしな…で買って失敗しました。
退院時に使う!とイメージできる人ならOK!
フミ

筆者は初産でしたが、予定日より3週間早いお産となったため、慌てて入院中に購入した必需品がチラホラ。
Amazonプライム先生には大変助けられました…!
フミ

早めに準備を終えて、ゆったりとした気持ちで出産に備えてくださいね。

人気の記事

1

悩めるママ日中の赤ちゃんの居場所に悩んでて…せんべい座布団ってよく見かけるけど、赤ちゃんに使っても大丈夫?ちょっとお高いし、そんなに使えるもの?洛中高岡屋のせんべい座布団には、安心して赤ちゃんに使える ...

2

悩めるママ使っている人も多いし、体が楽って聞くからエルゴアダプトを買おうかと思うんだけど、装着が難しいとも聞くし…。実際の使い勝手はどんな感じ? 確かに最初は装着に手こずりますが、他の抱っこ紐と比べて ...

3

こどもちゃれんじや進研ゼミでおなじみ、ベネッセの全員無料プレゼントってご存知ですか? 資料請求でもらえる無料プレゼントや、応募するだけで必ずもらえるプレゼントキャンペーンが随時開催されています。 実は ...

-妊娠・出産

Copyright© ユトリアルライフ , 2020 All Rights Reserved.